春の景観のご案内

情報一覧

次へ

 のみやまに春の花が咲き始めました

 



「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、厳しい寒さも日に日に和らぎ、呑山にも春がやってまいりました。

暖かい日差しを待っていたかのように、草木は花を咲かせ、境内はとても華やかな雰囲気に包まれます。

 

 

当山ではソメイヨシノをはじめ、山桜、神代曙、枝垂桜、八重紅枝垂桜、舞姫、御殿場桜、八重桜(関山ほか)など、多種多様の桜を観賞することができます。

特に本堂脇の福聚桜は、当山固有の桜で、半八重白花で大変美しく、参拝者を楽しませています。

(日が当たり、花が輝く為、午後の観賞がおすすめです。)



例年のソメイヨシノの見頃は4月初~上旬ですが、今年は早くの開花が予想されます。


その他、辛夷やレンギョウ、ヤマブキ、芝桜、シャクナゲ、ツツジ、ヤマナシ、藤と3月下旬から5月上旬まで多種多様な春の花を楽しむことができます。

 

 

 

4/5 現在

 

 

ソメイヨシノ     葉桜

八重紅枝垂桜   見頃過ぎ

福聚桜(本堂脇) 見頃過ぎ

山桜         見頃過ぎ

八重桜(関山)   咲き始め  

シャクナゲ      咲き始め

山吹        見頃

 

 

福聚桜について

 

 

 

 

今年の桜や花の写真を、インスタグラムとFacebookで掲載しています。


 

 

 

 

境内では以下の事にご注意ください

 

・境内での飲酒はお控え下さい

・喫煙は、指定の場所に限り、歩きたばこは禁止いたします

・境内でのたき火、コンロ、その他一切の火の使用を禁止いたします

・大人数での宴会はお控えください

・吸い殻、ごみ、空き缶などはお持ち帰りください

・境内での音楽演奏、勧誘などはお控えください

・境内でのテントの設営はお控えください

・本堂入口にアルコール消毒液を設置しています

・境内ではマスクの着用をお願いいたします

 

 

境内での出店希望の方は、以下にお問合せ下さい

092-947-6384

 

 


-----------------------------------------------------

お写経のすすめ

 


桜咲く春、お写経をご希望の方に信徒会館を開放いたします
静かに、ゆっくりと心を落ち着けてのお写経をお勧めいたします

 


般若心経お写経 お申し込み方法

天王院本堂受付所にて、お写経希望とお伝えください

志納金(写経用紙代、奉納料)500円をお預かりの後、写経用紙と「お写経の手引き」をお渡しいたします
写経が終わりましたら、受付に写経用紙をお持ちください
いただいたお写経は呑山観音寺本堂に奉納いたします
尚、高野山奥之院に奉納希望の方は別途奉納料1000円をお預けください

 



写経会場 信徒会館開放日(3月、4月)

 

 

 

3/21 ○

22 ○

23 ○ 24 ○ 25 ○ 26 ○

27 ○

28 ○ 29 ○ 30 ○ 31 ○ 4/1 ○ 2 ○ 3 ○
4 ○ 5 ○ 6 ○ 7 ○ 8 ○ 9 ○

10 ○

11 ○ 12 ○ 13 ○ 14 ○ 15 ○ 16 ○ 17 ○
18 ○ 19 × 20 ○

21 ○

22 ○ 23 ○ 24 ○
25 ○ 26 ○ 27 ○ 28 ○ 29 ○ 30 ○ 5/1 ○

 


日程の変更があるときは随時こちらにてお知らせいたします



諸注意とお願い
信徒会館に入る際は必ず受付にお声かけください
写経の方のみの入館となります
館内では静粛にお願いいたします
館内に飲食物を持ち込まないでください

写経の前後に、手洗いまたは備え付けの消毒液で手を消毒してください




個人、団体での写経会場のご利用が可能です
お電話でのご予約も承ります

092-947-6384

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 


写真は過去の花の様子です。

阿弥陀堂脇の福聚桜

勾欄からの眺め

百観音堂の枝垂桜

染井吉野とレンギョウ

鐘楼堂と石楠花

八重桜(関山)

花蘇芳と新緑

天王院の石楠花

愛染堂とミツバツツジ

芝桜

大師堂の石楠花

大師堂脇のシャガの花

情報一覧

次へ